そこで大丈夫?ピーテンライトのサファイアブルー激安他にあるのでは?

ピーテンライトのサファイアブルーは購入する場所で価格が違います。
なかでも現在アマゾンが最安値です。

楽天が28,080円。
ヤフーショッピングが28,290円。

アマゾンは24,624円です。

4,000円程度の価格の開きがあるので、結構大きいですね。
商品はこちら。

HUAWEI P10lite 【OCNモバイルONE SIMカード付】 (音声SIM, Sapphire Blue)
by カエレバ

OCNシムカードがついているので、一見OCNで契約しないと使えないような感じがします。
がしかし、契約しなくても大丈夫です。SIMはついてくるだけなので。
もし契約したい場合は手元にカードがあるので早いですよといった意味合いです。

むしろSIMカードありで契約するのであればもっといい方法があります。
実質0円でピーテンライトは購入できますよ。

こちらの記事にまとめています。

ちょっとまった!ファーウェイ ピーテンライトのホワイト最安値比較

シムフリーモデルのピーテンライト(ホワイト)の価格を比較してみました。
各通販サイトの価格は僅差ですね。

アマゾン:28,070円
楽天:28,080円
ヤフーショッピング:27,000円

ちょっとの差ではありますが、格安スマホは安さを求めるものなので安いほうがいいですよね。
購入を検討してらっしゃった方は一度ヤフーをチェックしてみてもいいかもしれません。

「新品 未使用品」UQmobile Huawei(ファーウェイ) P10 Lite WAS-LX2J Pearl white パールホワイト [LTE対応] [SIMフリースマホ]
by カエレバ

 

SIMカードも一緒に購入する予定(のりかえる)方はこちらの記事も参考にしてみてください。

激安店で買うな!ファーウェイのピーテンライトはここがお得

auの電波が悪い時の対処法5つ

auを利用していて「電波が悪いな……」と感じたことはあるだろうか?
この記事ではパターン別に電波が悪い時の対処法をお伝えする。

  • 携帯変えたばっかりなのに電波が悪い…
  • 急に電波の入りが悪くなった…
  • 場所によって入りにくいところがある…

こんな悩みを抱えている人は参考にしてみてほしい。

 

自宅の電波エリアを確かめる

携帯を変えてすぐ電波が悪くなった人はこのタイプ。
そもそも今使っている携帯が電波エリアに入っているかどうかまずは確認すべきだ。
「そんなこと確かめてから販売してるんじゃないの……?」と言いたくなる気持ちはわかる。
だが、販売員さんも人間だし、現に電波が入っていないのだからまずは確認が先決だ。

auの電波エリアはこちらから確認できる。

>>auの電波エリア確認ページ

 

試しに木更津を検索してみるとこのような画面になる。

 

 

ちなみにあなたがアンドロイド端末を使っていて、VOLTEタイプ(機種名が◯◯V31など、Vがつく名前になっているもの。最近の端末は全部コレ)を利用している場合、真っ赤な矢印のエリア以外では使えない。
薄い黄色や肌色のエリアは未対応のエリアなのだ。

ということは、以前3Gの携帯で使えていたエリアでも、携帯を変えたら利用できなくなる可能性があるということだ。
使えるエリアから外れていた場合、早急にauショップで相談するべきだ。

 

電波調査を申し込む

電波が入らなかった場合、auでは電波調査を申し込むことができる。

実際に自宅に訪問してくれて、どのように対処したらいいか改善策を提案してくれる。
例えば”電波改善機器”といって、自宅の電波状況を改善してくれる機器を設置してくれたりする。
申し込みは無料でできるので、自宅の電波が悪い方は一度調べてもらおう。

 

端末をリフレッシュしてみよう


端末の設定や状態が原因で電波が悪くなってる場合もある。
このタイプは普段は大丈夫なのに、いきなり電波が悪くなった人が対象だ。
具体的には以下の二つの項目を試してみてほしい。

  • SIMカードを抜き差しする
  • 端末を再起動する

この二つを同時に試すと端末がリフレッシュされる。
すると不思議なことに改善するケースもある。
一度試してみてほしい。

 

修理を申し込む

電波エリアは問題ないし、端末をリフレッシュしても改善しない場合は、故障している可能性がある。
その場合は修理が必要だ。
auショップに行って相談しよう。

ちなみにau starに入っていると来店予約が取れる。
待ち時間なしで対応してもらえるから安心だ。

>>au starパスポートの詳細

また、auの端末の補償に関してはこちらの記事が詳しく紹介されている。
どのような補償が受けられるかの確認をまずしたい人は参考にするといい。

>>auのスマホが故障した時に知っておきたい修理・保証サービスまとめ

 

キャリアを乗り換える

修理に出すよりは機種を新しくしたほうがいいということもある。
電波が悪い場合の機種変更はキャリアの乗り換えがおすすめだ。
そもそもキャリアを変えれば電波状況はまったく違う環境になる。
ある意味一番の特効薬だ。

 

おすすめの乗り換え先

当サイトでは「おとくケータイ.net」というソフトバンクの代理店をおすすめしている。
その根拠は以下の三つだ。

  • クレームが少ないことで有名
  • 累計20万件の契約実績
  • キャッシュバック還元が他社より高額

口コミもなかなか

「おとくケータイ.net」に実際に寄せられた口コミを紹介する。

「はじめは怪しいサイトだと思った」という点は私も同感だ笑。
担当の方も「はじめは絶対『怪しいサイトだと思った』と言われるんですよ。」と言っていた笑。
まぁその点の不安は実績が払拭してくれていると感じる。

キャリアを変えて電波の改善を試みたい方にはおすすめだ。

>>おとくケータイの公式ページをチェックする
>>なぜおとくケータイは20万件契約できたのか?

【最安】ファーウェイ ピーテンライト サファイアブルーを実質0円で購入する

Huawei P10 liteは購入する場所でかなり値段が違う。
・最安値で購入したい方
・毎月の通信料も抑えたい方
・今のキャリアがピーテンライトに対応しているか不明な方

上記に当てはまる方はこちらの記事を読むと解決するので、参考にしてほしい。

 

最安はどこか?

アマゾンでは27,803円で販売されている。

楽天では25,704円だ(OCNのシムセット)。

ヨドバシドットコムでは30,880円で販売されていた。

どれもそれなりの値段だ。
そんな中、ピーテンライトのサファイアブルーを0円で購入できるショップがある。

 

UQモバイルから最安で販売

UQモバイルには「マンスリー割」という割引があるのをご存知だろうか?
これはauでいう毎月割、ソフトバンクでいう月月割と同じもので、端末を購入すると通信料から決まった額の割引をしてくれる。
これが、UQmobielからピーテンライトを購入すると、端末と同額の割引を手に入れることができるのだ。


※プランSの場合は手出しが生じる

この制度を利用すると、2年間UQmobileを利用するという前提ではあるが、ピーテンライトのサファイアブルーが最安で手に入る。
なんといっても端末代金は0円なのだから、普通にSIMフリーモデルを単体で買うより間違いなくやすい。

大手キャリアを利用しているひとはUQmobileに変わることで月額料金もやすくなるため、両方でお得になる。

乗り換えに解約料金がかかるけどどうしたらいい?

UQmobile正規代理店の株式会社Link Lifeがキャッシュバックキャンペーンを行っている。
ピーテンライトをMプランで購入の場合、ちょうど10,000円キャッシュバックされる。
大抵解約料は10,260円のため、ほぼ相殺できるようになっている。

これがあれば2年の更新月いがいであっても大丈夫だ。
興味がある方はこちらからどうぞ。

>>UQ mobileの申し込みページ
>>UQ mobileキャンペーン詳細ページ
>>キャンペーンを間違いなく適用するには?

激安店で買うな!ファーウェイのピーテンライトはここがお得

ファーウェイのピーテンライトの価格を比較してみた。

その結果、購入する場所によって全く価格が違うことがわかった。

 

最安の購入場所はUQモバイル?

各ショップの価格は以下の通りだ。

アマゾン:27,973円
楽天:27,800円
ヤフーショッピング:25980円
ラインモバイル:65,800円
ユーモバイル:29,980円
UQmobile:0円

ん?UQモバイル0円……?まさかそんな笑

うそじゃなかった!!

なんとマンスリー割引という割引が適用になれば、2年間UQモバイルを利用することで0円での購入が可能だ。

※いちおうUQモバイルとの通信契約と同時購入が条件になります。しかしUQモバイルは大手キャリアに比べて断然安いのでこれを際に乗り換えを検討してみてもいいかも

 

プランはMプランがおすすめ

ピーテンライトはMプラン以上で実質無料になる。
なのでおのずとおすすめプランはMプラン以上だ。
しかしこのMプラン、大手キャリアの料金に比べてしっかりやすい。

いかがだろう。
今大手キャリアとの契約をしているのであれば、わざわざSIMフリーのピーテンライトをアマゾンなどで購入しなくても、UQmobileで購入したほうが安くつく。
乗り換え可能な方は検討してみてもいいだろう。

 

UQモバイルの中でも一番還元が高いショップ

UQモバイルも代理店制度をしいているため、当然申し込むところでキャンペーンの内容が違う。
いろいろあるなかでも、こちらのショップがおすすめだ。

>>UQ mobileのリンクライフ

こちらのショップではMプランで◯◯万円の還元を行っている。
その他のショップでは「事務手数料無料!」くらいがおおい。
リンクライフは事務手数料無料な上にキャッシュバックがある。

※WEB上で全ての申し込みを完了しないといけないという条件がある。

SIMフリースマホを購入検討する方であれば、WEB申し込みを全て完了させることはできるはずだ。
検討可能な方はチェックしてみるといい。

>>リンクライフの公式ページを見に行く
>>WEBからの申し込み方法を詳しく紹介した記事
>>なぜこんなにキャンペーンの内容がいいのか?

 

 

敬老の日にHuawei P10 Liteをプレゼントしてあげよう。0円で。

Huawei P10 Lite(ファーウェイ ピーテン ライト)は通常アマゾンで27,973円で販売している。
敬老の日向けの商品として紹介もされているが、私から言わせるとちょっとこれは高い。

なぜかというと、どうせ回線契約をする必要があるので、通信会社の月額料がかかるからだ。
Wi-Fi環境下でのみ利用するならアマゾンで購入してもいいと思うが、携帯電話として利用するのであれば格安スマホ会社から購入することをお勧めする。

今回はその中でも最安で持てるキャリアを紹介する。

 

UQモバイルが実質0円で最安!

なんと驚いたことに格安スマホ会社から購入する場合、6万円以上の価格の開きがあった。

簡単に紹介すると……
ラインモバイル:65,800円
U_mobile:29,980円
UQモバイル:0円

本当に笑いが出るくらい違う。

なぜこんなにUQモバイルが安いかというと、「マンスリー割」という割引があるからだ。
マンスリー割はドコモでいう月々サポート、auでいう毎月割のようなもので、月額料から端末代金と同額の料金を割引してくれる。
ほかの格安シム会社にはこれがない。

結果、その分端末代金がやすくなるということだ。

※注意:この割引を利用する場合、UQモバイルを2年間は使いますよという約束をするようになります。途中で解約すると通常の機種代金がかかるので、その点だけ注意が必要。

 

結局月額いくらで利用できるか

本体代金が安いのはわかったが、結局月額料金が高かったらしかたがない。
UQモバイルは以下の料金の中から選択できる。

ご覧の通り、大手キャリアの料金より断然やすい仕様になっている。
敬老の日のためのプレゼントであれば、今使っているガラケーの料金と同じくらいではないだろうか?

 

UQモバイルの中でも一番お得に購入できる場所

UQモバイルも申込みをするショップによってキャンペーンが違う。
こちらのショップではP10 liteをSプランで申し込むと8000円がキャッシュバックされるようになっている。

どのUQモバイルショップよりもこちらが断然お得なので、申し込みはこちらをお勧めする。

>>公式ページを確認する
>>申し込み方法を詳しく説明した記事
>>キャンペーンの情報を確認する

UQmobileの激アツキャンペーン!最大28,000円キャッシュバック開催中

UQmobileのキャンペーンが激アツだ。
指定機種の購入で最大13,000円のキャッシュバックと、UQブロードワイマックスの同時購入で更に12,000円キャッシュバックが上乗せされる。

>>こちらのショップ限定で開催されている。

さらにこれはあまり知られてないのだが、こちらのショップは申し込みを電話ではなくてWEBで全て完結すると、事務手数料が無料になる。
ということは通常3,000円が初月の料金と合算でかかってくるところ、なくなる。
なのでさらに3,000円キャッシュバックがあるようなものだ。

すべて適用すると最大28,000円のキャッシュバックになる。

キャンペーンの申し込み方法

ここからはキャンペーンの申し込み方法についてお伝えする。
まずは>>こちらのショップにアクセスする。

すると下の画像のようなページに移るので、矢印の書いてあるボタンをクリックする。

すると端末とプランを選択する画面に飛ぶので、選択する。
パソコンから申し込む人は先に個人情報を入力するようになるので、こちらを参照してほしい。
ちなみに端末とプランによるキャッシュバックの金額は以下のように変動する。

 

 

端末とプランが選択し終わったら、以下のキャンペーン適用情報が出てくる。

ここまで進んだらほぼキャンペーンは問題なく適用になっていると思ってもらって大丈夫だ。
あとは必要な個人情報とクレジットカードの情報を入力したらOKだ。

 

PCから申し込む人の画面偏移

PCから申し込む人も入り口は同じだ。
まずは>>こちらのショップにアクセスする。

すると下記の画像のサイトに飛ぶので、矢印の書いてあるボタンを入力する。

次に個人情報を入力する。
入力し終わったら内容を確認して申し込みボタンを押す。
するとこのような「予約が完了しました」というページに飛ぶ。

ここまでで予約は完了した 。
しかしまだキャンペーンは適用になってないので、もうすこし入力を進めていかないといけない。
申込みを続けるボタンから先に進むとする。

ボタンの先には端末とプランを入力する画面になっている。
ここで項目を入力すると、右サイドにこのような画像が表示される。

ここでキャンペーン情報が反映されていたら、大丈夫だ。
そのまますすめていき、個人情報とクレジットカードの情報を入力する。

入力内容の確認画面でこのような表示が出ていれば大丈夫だ。

なお、この先は審査がありUQ側に進行をまかすことになる。

連絡先として登録したメールに進行状況の連絡が来るので、申し込みしてからはメールボックスを欠かさずチェックするようにしよう。

>>申込みをする
>>キャンペーンをチェックする

ファーウェイのピーナインライトプレミアムが投げ売り!実質0円にキャッシュバック付き

ファーウェイのSIMフリースマホのピーナインライトプレミアムがすごく安くなっている。
通常アマゾンで購入すると18,000円という価格がついているのだが……

これがなんと実質0円で更にキャッシュバックまでついている。
今回はその購入方法を紹介する。

UQモバイルのマンスリー割を利用する

UQモバイルでは「マンスリー割」と言って、端末を購入するとその端末に応じた割引が適用されるようになっている。
ピーナインライトプレミアムの場合は、端末代金が分割で購入すと月々1,296円なのだが、マンスリー割でその1,296円がまるまる割引になる格好だ。

 

UQモバイルを契約することについて

UQモバイルは格安SIM会社なので、大手キャリアよりも安い価格で毎月利用することができる。
しかしMNPするのに10,260円の解約料がかかって乗り換えを躊躇する人もいるだろう。

そんな人は13,000円のキャッシュバックがついてくるショップから購入するのをお勧めする。
下記のサイトではピーナインプレミアムを購入することで最大13000円のキャッシュバックがもらえるようになっている。
これだけキャッシュバックがあったら解約料金がかかる人でも問題なく乗り換えることができる。
興味がある方は参考にしてみてほしい。

 

>>公式サイトを確認する
>>キャッシュバック条件を確認する
>>今すぐ申し込む

裏技!HAUWEI P9 lite PREMIUMが0円以下購入できる

HAUWEI P9 lite PREMIUMの本体価格がすごいことになっています。
なんと格安スマホなのに本体代金が実質0円。
さらにキャッシュバックもついて0円以下で購入できるようになっているんです。

アマゾンで普通に買ったら18,000円です。

 

これが0円以下で購入できるのです。
それではその裏技を紹介します!

 

UQmobileのマンスリー割を利用する

UQモバイルからピーナインプレミアムを契約すると、「マンスリー割」という割引が適用になります。
これは端末の割引で、ドコモの月々サポートやauの毎月割と同様のものです。

このマンスリー割、なんとピーナインプレミアムは端末価格と同額ついています。
なので、決められた契約期間内で途中解約しなければ実質ゼロ円で持てるのです。

さらにお得なキャンペーン
スマセレクトというサイトからの購入ですと、申し込みプランに応じたキャッシュバックがもらえます。

キャンペーン

在庫がなくなると終了してしまうのかもしれない……

最大13,000円キャッシュバックで、ちなみにピーナインプレミアムは下記の金額です。

さらに事務手数料無料キャンペーンも

上のキャンペーンもそうなのですが、WEBから最後まで項目を入力して申し込むと事務手数料が無料になります。
通常SIMの契約にはどこでも3240円程度の事務手数料がかかるので、地味にありがたいキャンペーンですね。

なので結局ピーナインプレミアムは最大マイナス16,000円で購入できるということですね。
詳細の確認は下の画像ボタンからみれます。

詳細を確認する

100人中89人が勘違いしているスマホの「2年契約」の真実とは?

スマホを変えたいけどまだ2年経ってないから変えられない。
あなたもそんな状態になったことはないでしょうか?
せっかく切り替えを思い立ったのに、2年縛りってじゃまですよね。

でも、そんな2年契約をうまくかわして切り替える方法があります。
この記事では2年契約の仕組みと、解除料の相殺の仕方についてお伝えします。
※解除料負担(キャッシュバック)のある会社を手っ取り早く知りたい方はこちらの記事を参照してください。

それではどうぞ。

 

2年契約の仕組み

そもそも2年契約の目的は以下の通りです。
<<利用料金が安くなる>>!!バァーーーン!!

例えばauのスーパーカケホの場合、1,700円ですがもともとの金額は1,500円高い3,200円です。
なので実は今の料金は安くなった後の金額なのです。
(それでも高いという声もあるでしょうが……)

なぜ料金が安くなるかというと……

  • 期間の契約をすることで、携帯キャリアも先々の収入の目処が立つ
  • もし短期的に解約されても、解除料である程度割引がキャリアに戻ってくる

という仕組みになってます。
つまり2年契約でキャリアも「割引しすぎないよう」リスクヘッジをしているのですね。

 

なぜ2年契約は「2年過ぎたら終わり」にならないのか?

私も以前疑問に思ってました。
しかしそれには理由があります。

2年契約が自動で解除になったら、月額料が高くなるからなんですね。
あくまでも2年使うから割引後の料金で使えるわけです。
だから2年経って勝手に終わってしまったら、勝手に料金が高くなることになってしまいます。

だから2年契約は「自動で終わり」ではなくて「繰り返す」ようになってるのです。

 

実際2年契約しないって得?

では2年契約ってそもそもお得なんでしょうか?
しないほうがいいのでは?
その答えは簡単な計算でわかります。

結果は「2年契約したほうがお得」なのです。
理由は、「7ヶ月でもとがとれるから」。

2年契約の解除料は10,260円です。
仮に1,620円(税込)円ずつ毎月割引になっていたとして、7ヶ月で解除料よりも割引のほうが勝ります。
そのあとはずっとやすくなりますから、2年契約したほうがお得ですね。

買ってからたった7ヶ月でスマホ買い換えるって、なかなかないですよね?笑

 

2年契約の解除料は払ってもらうもの

ここまで2年契約の仕組みについておつたえしました。
2年契約がないと、損するケースがおおいこともわかってもらえたと思います。
2年契約とうまく付き合ういちばんの方法は、違約金を自分で負担しないことです。

どういうことかというと、「乗り換えて10,000円以上のキャッシュバックをもらえる会社で契約する」ということです。
そしたら違約金は相殺できるので痛手はありません。

詳しくはキャッシュバック金額の多い会社ランキングという記事で、まとめています。
そちらも参考にしてください。

 

まとめ

2年契約とうまく付き合って、安くスマホを持ちましょう。